入間市の囃子連(その1)

入間市の囃子連(その1)
※表記順はアイウエオ順です。


《 新久はやし保存会 》

囃子の流派は江戸神田囃子隠岐流。
江戸時代中期~末期に江戸と交流するうちに囃子を習ったとされています。また明治初期に東京神田で仕事をしていた地元の人が神田囃子を習い、地元の若衆に伝授したとも言われています。飯能市、越生町、坂戸市、川越市に伝わる大橋流の祖とされる囃子。昭和42年に保存会が発足。
山車(屋台)は唐破風付きの屋根を持つ屋台型の山車で4つ車。
前輪は突き出した木鼻に付けられる。他にヤグラと呼ばれる車輪付きの小さな屋台があるが、以前はヤグラミコシといって担いでいた。
ヤグラでは、祇園囃子が演奏される。



《 桂はやし保存会 》

囃子の流派は小田原囃子若狭流。
昭和21年に飯能市原町より伝授。昭和30年代に一時中断したが、昭和40年代に復活。桂囃子保存会は、南峰囃子連と木蓮寺囃子連が合併した団体で、原町から伝授を受けたのは南峰囃子連。
南峰囃子連から伝授されたのが木蓮寺囃子連。同じ桂川神社に奉納していた関係で平成2年に合併した。山車(屋台)は戦後からの山車があったが、老朽化したため、昭和59年に会員の手作りで製作。底抜け屋台も旧来の物から平成7年に会員の手作りにより新調された。



《 賀美町囃子連 》

囃子の流派は江戸神田囃子隠岐流。
昭和3年頃結成、同市新久より伝授され居囃子をおこなったらしいです。
山車(屋台)は2台あり、大きい方は戦後からある山車の台車部分を利用し、昭和58年に新調されたもの。小さい方は平成2年に新調。
こちらはゴム製のタイヤが特徴。どちらも同市の宮大工、田代甲平氏の作。



《 上藤沢のはやし 》

囃子の流派は重松流であったといわれる。
所沢市林へ昭和22年に囃子を伝授。八王子へ頼まれて演奏しに行ったこともあったらしい。残念ながら現在は活動していないという。後継者がおらず囃子の技術が絶えてしまったといわれる。活動休止後、所沢市林から上藤沢へ2回くらい師匠への恩返しに囃子を奉納したことがあった。それ以降は他地区の囃子のテープを流していたらしい。



《 河原町舞子連 》

囃子の流派は入間市高倉から習ったとされることから江戸囃子(神田若狭流)であったと思われる。
現在は囃子を出来る人が町内から移転してしまって残っている人がほとんど居なくなってしまい休止中。
伝承年なども不明である。
山車(屋台)を所有していたが、囃子連の休止後、同市春日町にある春日神社に寄付されたという。
現在は黒須囃子保存会が神社より山車(屋台)を借り、各祭礼で曳き出している。



《 黒須囃子保存会 》

囃子の流派は神田囃子古流というが、黒須囃子保存会の前身である、春日舞子連が昭和25年の結成時に高倉舞子連(当時の名称、現在の高倉郷土芸能保存会)から習っている。その点から江戸囃子(神田若狭流)と考えられる。
以前は底抜け屋台を有していたが、処分され、現在では、地元春日神社所有となった元入間市河原町の山車(屋台)を借り、その上で
演奏を行っている。
平成18年より春日舞子連から黒須囃子保存会へ改称。



《 北中野はやし連 》

囃子の流派は重松流。
昭和50年頃に、東京都瑞穂町長岡(長岡はやし連)より伝授。
山車(屋台)は地元大工と有志の手作りとのこと。
部材の提供など寄付もあって平成5年11月に完成。
最近は曳きまわしは休止中とのこと。(平成15年時点)



《 志茂町はやし連 》

囃子の流派は江戸神田囃子隠岐流。
昭和22年頃に新久より伝授。その当時は新久より山車(屋台)を借りて祭礼を行っていたらしい。
現在、山車(屋台)は3台あり、大きい山車(屋台)は昭和27年(~29年頃と諸説あり)の4月に越生町仲町より購入。
越生町仲町の前は川越の志義町(現仲町)のもので、天保7年に再建されたもの。
小さい山車(屋台)は昭和50~53年頃の作。
特殊芸能として足踊りも新久より伝わっているのも見逃せない。



《 新光囃子連 》

囃子の流派は小田原囃子若狭流。
昭和57年に飯能市原町より伝授。
山車は2台あり、大きく古いものは、昭和61年に毛呂山町本郷より譲渡されたもので、その前は越生町仲町で曳き回されていた花山車と確認。
もう1台は屋台で古い方の曳きまわしができないため、後から作られたもの。町内はこの屋台を曳きまわす。

Copyright © 2007 入間万燈まつりガイド. All rights reserved